理事長について


奥田圭介/浅葱圭介

写真はヒロインズリアルにて阿良々木暦を演じている時の写真。これくらいしか良い写真がなかった様子。

 

自身もアーティスト活動をやっており、歌い手、弾き語り、バンドボーカルなど様々な活動をしている。

 

また音響・照明などライブスタッフとしてもイベントをまとめている。ここではたいして才能も実力もない彼が、必死に頑張って行ってきた事を紹介していく。

主な活動経歴

 

2003年 モンゴル800に憧れてバンドでボーカルを始める。

 

2006年 BUMP OF CHICKENの藤原基央に憧れギターを始める。ギターボーカルになる。

 

2007年 バンドでメジャーデビューを目指し、姫路でバンドメンバーの共同生活を始める。この時からオリジナル曲を作成し始める。

 

2009年 自身が作詞・作曲の「泡沫人」がソニーミュージックシンガーオーディションの審査員特別賞を受賞。

 

2011年 バンドメンバーが色々な意見の食い違いで解散。地元明石に戻る。

 

2012年 唯一無二の親友・べっちとアコースティックユニットを立ち上げる。

 

2013年 今まで培った知識を生かしてレコーディング業を開始。

 

2014年 初めてアイドルの楽曲を提供。アイドルプロデュース業を始める。またこの時に「まゆ☆なまMusic Group」を立ち上げる。またアコースティックバンド「三日月の夜に」を立ち上げ、ギターボーカルとして参加。

 

2015年 まゆ☆なまがNPO法人格を取得。よりアーティスト支援が活発に。アイドルだけでなくバンドやソロシンガー、弾き語りなど様々なミュージシャンを支援する公共的な団体に。またユニット「かどっコぐらし」を立ち上げ、ギターで参加。同年、ライブイベントなどの音響スタッフとしての派遣業を開始。

 

2016年 現在、兵庫県でトップのサブカルチャーアイドル・「ヒロインズリアル」、地域活性化アイドル「Sweet Infinity」を立ち上げ、プロデューサーとなる。

 

2017年 ヒロインズリアルのプロデューサーに加え阿良々木暦役でステージに立つ。ライブで音響、照明、演者全てを一人でこなし始める。同年3月に弾き語りアーティストとしての浅葱圭介を引退。ミュージカルイベントでは演出なども全て担当。

 

2018年 EXILEの事務所LDH所属の期待の大型新人「宮田悟志」のアルバムイベントライブの音響を担当。メジャーアーティストのライブ音響としての実力を認められる。